コネタログ - カメラネタ

コネタログ

Home > カメラネタ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.01 Sun K-3 購入

K-xで初デジイチデビューを果たし、スーパーインポーズ欲しさにK-rに買い替え、ボチボチオールドレンズやLimitedレンズを増やしたりドナドナしたりしつつ、フィルムカメラに興味が行ってしまいLXまで購入し、今に至るカメラ趣味。
かねてからの念願だったデジタル一眼レフのステップアップの機会がやっと巡ってきた。

資金的には株の運用やらで溜まりつつあったんだけど、諸事情のクリアに時間を要していた。
そうこうしているうちにK-5Ⅱsを狙っていたらK-3の発表~発売となり、先日晴れてK-3購入に至ったのでした。

価格コムや2ちゃんねるで情報収集してほぼK-3で意志確定した後もニコンはD610出すのでD600含めて気になるし、D7100もAF周りはこっちの方がいいかと考えてみたり、ソニーからはα7/Rがでたので、フルサイズ&マウントアダプターでFA31使っちゃうとか考えてみたりとかなり悩ましい検討があったのでした。

そうこうしつつ我に返って、FA31、FA77を使い込めていない点、他メーカーにマウント替えした際のレンズへの再投資などを考慮すると、購入者のレビュー(ブログ見てもブロガーミーティング系の記事ばかりで残念だったけど)などを参考にK-3で決めたのでした。

子供の写真がメインで、縦位置撮影も多かったので、今回の購入に際してはバッテリーグリップの同時購入は決定事項。最後まで純正フラッシュの有無は悩んだんだけど、頻度とコストが見合わない気がしたし、購入店での事前の相談の際も「買って1回きりで放置なお客さん多いですよ」との情報もあって、とりあえず保留することに。

で、
ついに念願のK-3~
IMG_0091.jpg

IMG_0090.jpg


IMG_0088.jpg

IMG_0089.jpg

IMG_0095.jpg

K-3とLXの新旧フラッグシップモデル
IMG_0092.jpg

また写欲が上がったので、いい写真撮れたらアップしよ。


スポンサーサイト

2013.05.25 Sat PENTAX LX ちょっと追加

先日一段落したはずの我がLXですが、なんだかんだで若干変更がありました。

あの記事を書いたあとにヤフオクにまさかの吊環加工済みグリップBが出品され、気合の落札。同じ時期に同様の未使用品が出品されていたけどそれに比べると大変お得に手に入れることができました。

これで気分に合わせて縦吊り、横吊りが可能になります。まぁおそらく横吊りの方が便利なので横吊りで付けっぱなしになるんでしょうけど。

これで前よりも理想としているLXの形になりました。
6.jpg


さらに…
前の写真にすでに写ってるけど、いつも様子をうかがう八百富写真機店で「シャッターボタンアタッチメント」を発見。
500円。高いな~。でも珍しくて買っちゃいます。

BEFORE
8.jpg


AFTER
7_20130525155005.jpg

eBayで手に入れていたFA-2はキズやスレがどうも気になって2つともヤフオクで売ってしまいました。なのでファインダーはFA-1のみ。せっかくサービスで修理してもらったので、大事に使います。
また程度のいいFA-2見つけたら手に入れたいと思っています。

さて、季節も良くなってきたし、写真撮りに行くぞ~!

PENTAX LX 関連記事
PENTAX LX 購入記その1
PENTAX LX 購入記その2
LX入院
PENTAX LX 現在の状況

1_20130525155000.jpg

2_20130525155002.jpg

2013.03.10 Sun ニコン COOLPIX P310

自分のカメラの話ではないんだけど…妻のコンパクトデジカメが結構くたびれてきて、買い替えをすることになりました。
何年前に買ったか忘れたくらい前の富士フイルムのコンデジ。使い勝手は良かったのですが、画質、機能性、電池消耗など不満も出てきて、ここらで買い換えようということに。

自分の買い物ではないもののカメラとなれば一応拘って買いたいのでまずは使用状況をリサーチ。
用途としてはほぼ室内での子供の写真撮り。将来に向けて高倍率ズームの必要性を聞いてみたけど、そんなのは私のデジイチに任せるし、そういったイベント的な時は妻はビデオ派なので、ズームはちょっと出来ればいいみたい。
現に使っていたFinePixも4倍ズーム程度で使用感的には満足していたので画質に拘ることに。

デジタル一眼レフカメラなら常にアレコレ情報探しているのですぐ決めれそうだったけど、コンデジについては全く無知なので取り敢えず価格コムやらでキヤノン、ニコン、カシオ、フジ、リコー、パナソニックなど各種メーカーの状況把握。先入観なく色々と調べてみたのでした。

で、途中経過ざっと略しまして、購入を決めたのがニコン COOLPIX P310だったのでした。
決め手は
①広角f1.8の明るいレンズで夜景や部屋撮りの評価が高い
②モデル末期(すでに生産終わっていた)で15,000円前後と予算的にちょうど良かった
③上位機種にあるような絞り優先モードやシャッター優先モードが選択できた
という点。

1600万画素で必要十分だし、画質に関しての口コミも評価が良かったので、結構すんなり決めました。
会社の家電オタクは連写性能の凄いカシオのデジカメ薦めてたけど、ファイル嵩張ると今のデジイチの分も含めてとても管理できそうも無いですからね…


というわけで妻のためと言いながら、半分以上は自分のサブコンデジ選び的な探し方で決めたP310。
さすがのモデル末期で近所の大きめのカメラ屋、家電量販店に全部在庫確認したけど希望の黒は完売御礼。仕方なく白色でいいという妻の同意を取って在庫のあったキタムラへ。
無事最後の一台をゲットしたのでした。

久々にコンデジで撮ってみたけど、手軽で楽しい!
今自分のカメラの買い替えも目論んでいて、K-5Ⅱs、D600、D7100で無限ループするくらい迷いまくってるけど、しばらくはP310を使いこなせるように色々弄ってみようと思います。

下記作例いくつか。詳細はExif見てください。
1枚目デート表記あるのはご愛嬌。妻にとっては必要不可欠な機能らしい。モードによって有り無し選べたらいいのにね。

DSCN0123_R_R.jpg

DSCN0143_R_R.jpg

DSCN0131_R.jpg

DSCN0137_R_R.jpg

DSCN0151_R.jpg


2012.09.30 Sun PENTAX LX 現在の状況

さて、WikipediaのPENTAXの歴史を読んだことに端を発したLXネタですが、自分の中である程度行き着くところまで行き着いたので一旦まとめ。

LXを使っていると、20年以上前、親父が昔使っていたオリンパスのOM-1を貸してもらい、絞りとシャッタースピードについて簡単に教えてもらいながら、自分用のフィルムを入れて好き勝手に写真を撮っていた頃を思い出すようになった。
LXは絞り優先AEなので、シャッタースピードのダイヤルをAutomaticにしておけば、ファインダーの中に見えるシャッタースピードのLEDガイドが適正値を指し示してくれて難しさはあまりない。
基本機械任せでOKなんだけど、当時教えてもらったf5.6にしてシャッタースピードは1/250くらいで。。。なんて指標を一つの基準にしながら写真をゆっくり撮ることができるのは、LXに興味持ったおかげだな。
そんなことで我が家にある義父が使っていたSPももっと使ってあげないとな~と感じてみたり。

フィルムを現像した時の分かりやすいフィルム感というか粒状感を懐かしみつつ、この時代に当時のフラッグシップ機持ってパシャパシャしているのが趣味としての自己満足を心地よく満たしてくれる。この趣味には写真を撮る以外にも、カメラ自体の性能を上げたり、レンズに拘ったり、被写体求めて旅に出たりといろんな方面への拡大性があって、金かけて極めるもよし、時間と手間をかけるもよし、身の丈にあった楽しみ方が出来るのがいいとこかも。

で、LXについては、あまり大きな投資は出来ないものの、見る人見たら「おっ」ていうくらいにはしようとアレコレしてみました。

さて、LX絡みの購入物一覧
・本体 後期型中古。まぁ自分の中では美品。
・グリップB 吊り環金具付きのグリップは未だ探しています。
・FA-1ファインダー 本体とセット。視力的にFA-1W欲しいところだけど許容範囲。
・FA-2ファインダー その人気に感化されて買いたい衝動のまま探し求めて入手。eBayにて。
・フォーカシングスクリーン「SE-60」 全面マットのファインダー像は感動的。ヤフオクで新品購入。
・ファスナーLX これがないとストラップ通せないんだもん。新品購入。
・アイカップFG 意外に高い一品。新品購入。
・ホットシューカバーFK FA-1用に現行品を新品購入。
・シンクロターミナルキャップME FP接点カバー用に。現行品52円。
・シンクロターミナルキャップ4P X接点カバー用に。当時物はないので67Ⅱ用を代用。

安いのから高いのまで色々あります。
買わずに流用してるのはストラップだけだ。。
これに先日のシャッタースピード調整のオーバーホール費用、FA-1の絞り値確認窓の修理費用、FA50がイマイチ合わないので予定してなかったけど買ったM50 f1.4レンズなど、関連費用合わせると二桁万円突入だな…。
もはやデジタル一眼レフカメラよりも金と時間をかけてしまっているPENTAX LX。
長い付き合いできるように大事に使おう。
LXへの投資はしばらく控えて、フィルムと現像にお金かけていっぱい写真撮ろうと思います。

PENTAX LX 関連記事
PENTAX LX 購入記その1
PENTAX LX 購入記その2
LX入院
PENTAX LX 現在の状況
PENTAX LX ちょっと追加

DSC_0073.jpg

DSC_0072.jpg


2012.08.28 Tue LX入院

とある週末。日曜日に予定する撮影一人旅に向けて、レンズにブロアーかけたりメモリーカードを整理したりしていた時のこと。ふと、LX購入時から少し気になっていたボディに付着した細かなホコリをどうにかしたいと思ったのでした。
以前はウェスで軽く拭いたりしたものの拭き切れない細かなところが多くどうしたものかと放置していたのでした。

ネットで「カメラ ボディ 清掃」などと調べてみると、古歯ブラシ、化粧ブラシ、セーム革などを使った清掃方法が紹介されていて、「あぁ、歯ブラシならすぐあるな、ちょっとやってみるか」てなわけでLXを歯ブラシで軽くコシコシと磨いてみたのでした。

すると、なんという事でしょう!気になっていた細かなホコリが綺麗に取れて、黒いボディが一層引き立つのでした。
これで気持よくLXも旅のお供にと仕舞ったあとで、一点清掃漏れのポイントを思い出しました。
ファインダーFA-1についている絞り値確認用の窓です。覗くときに少し文字がかすれた感じで見えていたのを思い出し、もう一回出してきて歯ブラシでそこそこ勢い良く磨いたのでした。
さて、綺麗になったかなとファインダーから覗いてみるとどうもおかしい。。。
窓にあるレンズがズレてしまっているではないですか。手で調整しようとしてもどうしようもなく、とうとうファインダーの内部へ入ってしまいました。

カラカラ

カメラを振ると乾いた音がファインダーからしてきて、わざわざ掃除し直したことをひどく後悔したのでした。


後日大阪にあるペンタックスのサービスへ持ち込んだところ、ファインダー修理5,250円、ついでの点検で発覚した低速のシャッター速度時に出るムラの修理を合わせて勧められました。
まぁ不具合抱えて持つよりはベストな状態で持っておきたいし、これを機会に諸々調整してもらったら、快調に使えるかなということで修理を依頼したのでした。

合わせて費用は24,360円。高いのか安くついたのか分かりませんが、往年の機械を大事に使い続けるには色々とそれなりな費用がかかります。

2週間の入院生活に入ったLX。絶好調になって帰ってこいよ~
DSC_0037.jpg

PENTAX LX 関連記事
PENTAX LX 購入記その1
PENTAX LX 購入記その2
LX入院
PENTAX LX 現在の状況
PENTAX LX ちょっと追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。