コネタログ - 自転車ネタ

コネタログ

Home > 自転車ネタ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.08 Sat 春なので自転車再開!?

かな~り久々にMIGNONに手を加えました。

勤務地が変わって駐輪場の関係から電車通勤となった上に寒いので、すっかり遠のいていたMIGNONいじりなのですが、春に向けてたまには乗ってあげようと少しパーツを買ったりしました。

まずは、メンテナンススタンド。
今まで持ってなかったのかよと突っ込まれそうですが、見た目重視、機能性無視でサイドスタンドを取ることにしたので、駐輪用に購入。これで整備もしやすくなります。
続いてシートポスト。
軽量化なんて念頭にないので、2,000円ほどの重い無地のシートポストです。最大の目的は散りばめられたGIOSロゴの削減と、ハンドル部分との統一感。
そしてハブライトホルダー。
前輪のハブ部分にライトを設置するためのステーのようなもの。最初何も考えずクイック外して左側に付けていましたが、Twitterで車からの視認性UPのため右のほうが良いとアドバイスいただき入れ替え。自転車乗りの方たちと繋がっておいて良かった。
で、ライトがハンドル廻りから無くなったのでサイコンもステムに移設。可変ステムのため角度きつくて走行中はあまり良く見えません。まぁいいか。

もともとシートポストについてたバックライトと鍵のステーも外して、見た目スッキリ仕様にしました。
IMG_0096_R.jpg

ハンドル廻りの一新、フロントダブル化をちょっとお金貯めて計画しようかなと。

スポンサーサイト

2012.12.09 Sun MIGNON カスタムの記録8

GIOS MIGNON カスタム日記第8回。

今回は以前にヤフオクで落札していたブレーキキャリパーの装着です。
すでに以前、ブレーキシューは105仕様にして、効きについては比較的満足していましたが、やっぱりキャリパーも換装したいという実用より自己満足的な衝動カスタムになります。

では早速。

換装前のフロントブレーキ
フロントテクトロ

こちらはリア。洗車を怠っていますので汚れもひどい。
りあてくとろ

以前キャリパーの変更に伴い、ブレーキ各部の調整は分かるようになっていたので、後はブレーキ取ってワイヤー通して105付けて終わり~という予定でしたが…

ハンドル部のワイヤーは結構キツめにカーブしていて、結局バーテープ外してワイヤーの取り回しを真っ直ぐにしてやらないと通らない事態に。
この時点でバーテープ買ってなかったのでしばらくむき出しのハンドルで通勤するハメに。

というわけでバーテープ取っ払う~
ke-buru

ちなみに、このブレーキ換装前にネットで調べて分かってたポイントなんだけど、ミグノンのリアブレーキはロングアーチなので、普通の105やアルテグラをポン付けできません。
選択肢は2つで、1つはBR-R650などのロングアーチブレーキを付けること、もう1つは「オフセットシューカートリッジ」を使うこと。このカートリッジはLOROサイクルワークスさんで購入可能
ロングアーチにすると特に加工が必要ないものの、見た目SHIMANOロゴしか無いのでデザイン的にちとイマイチ。オフセットシューカートリッジはショートアーチでもロングアーチ化出来るんだけど、1セット3,150円とお値段設定高め。

どちらを選ぼうかと悩んだ結果、会社帰りにLORO大阪店もあったのでカートリッジを買い足すことに。
付けてみるとこんな感じ。
オフセット


後は新しいブレーキワイヤーを取り回して仮組み~
仮止め

何度か調整してキュッと止まるようにセッティング。ブレーキワイヤーは今回白色にしてみました。

フロント
フロント装着

リア
リア装着

数日後、バーテープを買い直しグルグルと巻き付け。3回目だけど全く上手くならん。
多分買った店で一番安い(700円位)バーテープなんだけど、感触などは不満なし。オーソドックスなコルクタイプです。予備で何本か買っとこうかな。
バーテープ装着

これでひと通り替えたかったパーツはカスタム完了。
後はフロントダブル化、STI化、BB交換位しか大きな改造は思いつかないな。ホイールまで替える気は無いし…。
取り敢えずカスタムは落ち着かせて、日々のメンテナンスをしっかりします。

合わせて読みたい
MIGNON カスタムの記録1
MIGNON カスタムの記録2
MIGNON カスタムの記録3
MIGNON カスタムの記録4
MIGNON カスタムの記録5
MIGNON カスタムの記録6
MIGNON カスタムの記録7
MIGNON カスタムの記録8

2012.08.15 Wed MIGNON カスタムの記録7

GIOS ミグノン カスタム日記。
さて、なんだかんだで第7回。今回はお手軽「ハーフクリップ装着」の巻。

通勤快速号として雨の日以外は毎日往復10kmの道のりを革靴で走っているわけですが、そのためペダルは以前交換したプラスチックのフラットペダル。
ところがロードバイクのペダリングには「引き足」というものがあり、普通の自転車を漕ぐ時の下へ押し出す力以外に、反対側の足でペダルを引き上げる力を働かせてより推進力を得て効率良く漕ぐものなんだとか。

拘ればペダルをビンディングペダルという靴とペダルがセットになったようなモノに取り替えて、完全に固定してしまうんだけど、まぁなんちゃってミニベロ乗りにそこまではねぇ。

というわけで調べてみると、ビンディングペダル以外にも昔ながらのトゥクリップやペダルと靴を固定するマジックテープのようなベルトなど、様々な種類のアイテムがあるのでした。
で、今回導入したのが「ハーフクリップ」
トゥクリップほど本格的ではなく、つま先部分だけを覆って足を引き上げる際に靴とペダルを一体化させつつ、横に引けばさっとペダルから足を離せるお手軽アイテムです。

で、買ったのが「Bazooka ハーフクリップ」
DSC_0019.jpg

では早速取り付けます。

まずはペダル。
この反射板を片側ずつ外して取り付けます。
DSC_0016.jpg

ペダルを付ける際は意識してなかったけど、ペダルにも左右があるんですよ。
角に小さくRとあります。(反対側はLでした。)間違えてなくてよかった。
DSC_0017.jpg

反射板の裏はこんな感じ。最初はマイナスドライバーで押したりしてたけど、反射板の下部からテコの原理でエイっとやればすぐ取れました。
DSC_0020.jpg

実は、ハーフクリップとペダルの穴にネジ半分程度のズレがありまして、しばらく悩んだのですが、付属のアダプタの使い方もイマイチ分からなかったので、グリグリと強引に締め付けてやりました。
かなりしっかり締め付けたので多分大丈夫です。まぁ外れたり割れても影響は少ないでしょう。
DSC_0021.jpg

手を離すと重みでダラーン。ここから上手く足を入れて漕ぎ出せるかが問題です。
DSC_0023.jpg


両方取り付けて完成。あっという間。
左側はスタンドの傾き程度ですでに接地していますので、カーブなどを考えるとハーフクリップを使って漕ぐことが必須のようです。
DSC_0024.jpg

しばらくこれで練習しながら乗ってみて、乗り味悪くなったようなら取り外しますが、スイスイ巡航速度が上がることに期待です。
さて、そろそろブレーキ換装したいよ…


合わせて読みたい
MIGNON カスタムの記録1
MIGNON カスタムの記録2
MIGNON カスタムの記録3
MIGNON カスタムの記録4
MIGNON カスタムの記録5
MIGNON カスタムの記録6
MIGNON カスタムの記録7
MIGNON カスタムの記録8

2012.06.28 Thu MIGNON カスタムの記録6

GIOS MIGNON カスタム日記。今回はサドルを交換。

ちょっと変わった感じにカスタムしたい点、カラーコーディネート的に白いサドルにしたかった点などを踏まえて「TIOGA SPIDER Twin Tail」というサドルに交換。


いわゆる普通のサドルに求められるコンフォート感、ショック和らげる感は皆無です。が、実際の走行中はお尻、両腕、両足に体重が分散して掛かっているので、見た目ほどのしんどい感はありません。ましてや週末ごとに100km近く走る訳ではないのでそのあたりの問題は無さそうです。
写真1

GIOS純正のVEROのサドルをポッと外して、シートポスト側に軽くグリスを塗ってパッと付ければ作業終了。
走りながら乗りやすいポジションを探っていきます。
写真2

かなり夏らしい爽やかなカラーとスタイルのミニベロカスタムが進んできました。
このあとはGIOSロゴ付きパーツを減らし、色目を合わせるための黒いシートポストへの換装、引き足を活かすトゥークリップ装着、購入済みの105ブレーキキャリパーの装着などを構想中~。

合わせて読みたい
MIGNON カスタムの記録1
MIGNON カスタムの記録2
MIGNON カスタムの記録3
MIGNON カスタムの記録4
MIGNON カスタムの記録5
MIGNON カスタムの記録6
MIGNON カスタムの記録7
MIGNON カスタムの記録8

2012.05.29 Tue MIGNON カスタムの記録5

MIGNONカスタム第5回。今回はドライブトレインの巻~。

以前のカスタムで通勤快速号としてはほぼ満足な仕様となったMIGNONですが、いずれは変えたいなぁと思っていたのが「チェーンリング」。
ノーマルだとプラスチック製のチェーンガードまで付いていて機能的なんだけどどうも野暮ったい。
ところがこのチェーンリング、買うとなるとギザギザの歯のついた板が5,000円~平気で10,000円とか超えてくるので、何もそこまで感がありました。

ある日、ヤフオクの自転車パーツを見ていると、アルミのチェーンリングがそこそこお安く出品され、ウォッチリストに入れて様子見ているつもりがうまく落札されていました。

さて、チェーンリングが手に入ると、必然的にチェーンも替えます。その辺イジるなら一回で済ませたいので、カセットスプロケットとリアディレイラーもノーマルの下級グレード物よりちょっとランクアップしたいなと考えたのでした。
そんなわけで1週間ほど掛けて駆動系のパーツを買い集め、いよいよ交換作業に取りかかるのでした。

まずは作業前の最後の写真。
画像 001

画像 002

画像 003

画像 004

早速作業にかかります。まずはシフトワイヤーを交換するので、ついでにブレーキレバーを増し締めしたり、少し緩みだしたバーテープもこれを機に交換します。作業しやすいようにハンドル外しました。
画像 005

続いてチェーン切りでチェーンを切断。切断といってもチェーンを繋いでいるピンを1本押し出して外すだけです。くるくる回せば自然と外れます。
画像 007

続いてチェーンリングの取り外し。元のチェーンリングは48Tの安っぽい感じ。ネジを外してクランクに沿って抜いていけば簡単に外すことができます。
画像 006

逆の手順で今回取り付けるチェーンリング(53T)をクランクに取り付ければ交換は完了。あっという間。
画像 008

続いてカセットスプロケットとリアディレイラーの取り付け。
しばらく本体は隅に追いやります。こんな時、ディスプレイスタンドを持っておくべきと強く思いますが、サイドスタンドもあるのでなかなか用意できません・・・。
画像 009

取り外した後輪に付いているカセットスプロケットを専用工具で頑張って外します。
ガギガギガギ・・とちょっと不安になる音を立てながら無事に取り外せました。
画像 010

あとは新しいカセットスプロケット(アルテグラ11T‐25T)の取り付け。アルテグラ純正のロックリングは溝が浅いのかスプロケを固定できなかったので、元のロックリングを流用して固定しました。
画像 011

続いてリアディレイラーを取り付け。とりあえず締め付けるだけです。
画像 012

ひと通り部品がついたので新しいシフトワイヤーをバーエンドコントローラーからリアディレイラーまで這わせていきます。
とりあえずリアディレイラー側で固定して仮止め。
画像 013

次に新しいチェーン(アルテグラ)の取り付け。チェーンをスプロケ、チェーンリングに掛けて、リアディレイラーのガイドプーリーなどが全て地面に対して垂直になる位置で長さを決定。
あとはコネクティングピンをチェーン切りを使って押し込んで連結させれば完了。
ピンの押し込みが甘かったのでなかなか余分なピンの切断ができず、手こずりました。
画像 014

これでひと通り取り付けが完了したので、変速がスムーズに行われるか調整します。最初はロー側のギアに入らず、調整すると今度はハイ側に入らず、途方に暮れて目の前がだんだん暗くなって行きましたが、あーだこーだしているうちに奇跡的に全部のギアにスムーズに変速ができるようになってました。

しっかり手を洗ってむき出しのハンドルに白いバーテープの取り付け。
2回目なのであまり躊躇すること無くまぁまぁ綺麗に巻けました。
画像 017

完了~
画像 021

画像 018

画像 019

最後に試走して各部の調整を行います。
ギア比は以前より重くなったけど、漕げない重さじゃなさそう。ケイデンス保って長距離となるとこの貧脚では無理ですけど。
ディレイラーもサクッと変速決まってストレス無し。
何度か手こずった場面はありましたが、まぁなんとか無事に換装することができました。
引き続き通勤快速号として大事に乗りますよ。


※ブレーキ、駆動系の交換・調整等は信頼出来るショップに依頼されることを強くお薦めします。ご自身でされる際はくれぐれも自己責任で。

合わせて読みたい
合わせて読みたい
MIGNON カスタムの記録1
MIGNON カスタムの記録2
MIGNON カスタムの記録3
MIGNON カスタムの記録4
MIGNON カスタムの記録5
MIGNON カスタムの記録6
MIGNON カスタムの記録7
MIGNON カスタムの記録8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。