コネタログ - 2010年02月03日

コネタログ

Home > 2010年02月03日

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.03 Wed 超!美味しく変換

カメラを持っていると、必ず撮りたくなるのが料理の写真。
会社にも、ランチの度にケータイカメラで毎日食べたものの写真を撮ってる人もいます。

我がペンタックスK-xにも料理の撮影モードがあって、何か料理を撮るときにはそのモードに頼ったりしています。

でも、料理は構図や光の加減など、カメラの設定以外の部分も難しいんですよね。
シズル感」のある写真を撮るには、経験とセンスが特に必要なのかも知れません。

でも、ズブの素人でも、「普通の料理の写真」を「それなりの料理の写真」に変えてくれるWEBサービスがリリースされてました。
株式会社モノリスという会社の「超!美味しく変換」というサービスです。

このサイトに自分で撮った料理の写真をアップロードすると、写真の明るくしたり、青みを消したりして、美味しそうな料理の設定に勝手に変換してくれます。

試しに以前アップしたやんばるそばの写真で試してみると…
BEFORE
IMGP1305.jpg
この写真が…
AFTER
foodpic168936.jpg
おおぉ、自分で思ってるより、写真は明るくした方がいいのかな?
ちょっと眩しいくらいですが。。

写真の加工はあまり興味がなかったけど、ちょっとひと手間で印象を変えられるなら、本格的に画像の修正もできるようにならないといけないかもね~。

今度料理を撮ったら、自力で撮影設定&加工をした写真と、この一発変換の「超!美味しく変換」の力を借りた写真の出来栄えを比較してみようと思います。
スポンサーサイト

2010.02.03 Wed 提灯

被写体として色んなお店は魅力的な撮影対象になります。
独自のディスプレイや看板、建物の造りなど。
どこを撮るかが撮影者の感性なんだろうな。

提灯が目立ちすぎるお好み焼き屋さん。
赤みが強調されすぎだけど、現場では対処法が分からず。
K-x/smc PENTAX-M 28mm F2.8
F2.8 SS1/40 ISO1600
sanpodori14.jpg

こんな時はいっそ色を消してしまうのがいいかも。
K-x/smc PENTAX-M 28mm F2.8
F2.8 SS1/40 ISO1600 モノクロ
sanpodori15.jpg

モノクロも味があっていい。
K-xではカラーで撮影後、加工して別に保存できるので、実は上のようにわざわざ設定を変えて取り直す必要はありません(^ ^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。