コネタログ - 2010年10月10日

コネタログ

Home > 2010年10月10日

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.10 Sun いも麹 芋

普段は麦焼酎派なんですが、フラっと立ち寄った酒屋さんが芋焼酎と泡盛メインのお店だったので、あえて店主に芋焼酎のおすすめを聞いてチャレンジしてみることに。

芋焼酎のモワッとした感じがどちらかというと苦手なので、初心者向けの飲みやすい焼酎を紹介してもらいました。
で、教えてくれたのが鹿児島「国分酒造」の『いも麹 芋

米麹を使わず、麹から芋を使った芋100%なこだわりのお酒。
お湯割りとロックで飲みましたが、確かにおすすめの通り芋焼酎の割にはスッと飲みやすく、何杯でも飲めちゃう感じで美味しくあっという間に720mlを飲みきってしまいました。

いつもはスーパーでいいちこや二階堂を買ってるだけなので、ちょっと時間をかけて、お気に入りの焼酎を探してみようかな?
IMGP4928.jpg




スポンサーサイト

2010.10.10 Sun 気になる中級機

さて、お気に入りのK-xでの撮影枚数がそろそろ5000枚を超えます。
写真を撮るのも今楽しむ趣味としてはなかなかいい感じだなぁという実感です。
全く知識の無い状態から、様々な口コミやレビューを元にK-xを選びましたが、最近少し気になる機種が出てきたので、ちょっとまとめです。

まず最初は想定していなかったカメラ購入の仕方についてです。それは「中古市場がかなり充実している」ということ。
K-x購入時は価格コム最安値を追い続けていましたが、程度のいい中古がボディ・レンズともお得に手に入る機会がたくさんあります。

次に、発売時期や後継機の発売により、定価よりもかなり安く手に入る機種がある事。
この辺りは相場がしっかり存在しているという印象。

で、色々調べてみると、1世代前の中級機がかなりお買い得になっている感じがするのです。
発売時期は2年程前の機種ではありますが、性能はさすがハイアマチュア向けな作りこみがされています。

で、気になる機種ですが、本命はニコンのD90。今でも売れ続けているようで、価格コムでもまだ売れ筋上位にランクインしています。今月末にD7000というかなり評判の良さそうな後継機が出るそう。

次にキヤノンの50D。新発売の60Dより高い性能もありまだまだ現役な印象。色々調べてみるとD90の競合機種としてよく比較されているみたい。

この辺のクラスはエントリーモデルと中・上位機種のちょうど中間的な位置にある機種で今の自分にはちょうど良さそうなイメージ。だったら最初から買ってればよかったやんという気もしますが、いつ飽きるかわからないデジイチにいきなり8万円から10万円の投資はできなかったことを考えると、入手しやすい価格でK-xを手に入れて、写真の楽しさを実感できるくらい楽しんでいるので、やっぱりエントリーモデルの存在は大事ですね。



K-x購入の際は素人なのでスペックの優劣がかなり気になっていましたが、いざ一眼レフを使ってみて、その基準に変化がありました。

まず手ぶれ補正。ボディ側に手ぶれ補正を持たないキヤノンとニコンですが、今メインで使う標準画角では、ホールドさえしっかりしていれば大きな問題ではないこと。ボディ内にあるメリットは大きいんだけど、これがないと…まで拘らなくてもよさそうに感じてきました。

次に操作性。K-xはシンプルで見やすく使いやすいので、これといった不満は全くないんですが、中級機以上になると、ダイヤルが複数あったり、右上に液晶表示などもあって撮影の設定がすぐ把握できるなど、やっぱり使い勝手は大幅に良くなりそうです。

続いてオートフォーカス。K-xは静物撮りには全く不満がないものの、動きのある動体はやっぱり苦手みたい。オートフォーカスについてはキヤノンとニコンの実績が優位なよう。

最後にサードパーティと中古市場。やっぱり売れてるメーカーなので、サードパーティのレンズもペンタックスのKマウントの設定のない物も多数存在します。また、中古商品の数も多く、程度や価格など、自分の優先する基準で好みのレンズなどを選べそうです。

そんなわけで貯金開始!当面は「D90 AF-S DX 18-105G VR レンズキット」を目標にお金を貯めようと思います。いつステップアップ出来るかなぁ~
それまではK-xでいっぱい写真撮っていこ。連休晴れないかなぁ~









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。