コネタログ - 2011年03月

コネタログ

Home > 2011年03月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.18 Fri Panasonic Let'sNote CF-R8 ちょい改

仕事用にと中古で購入したパナソニックのレッツノートCF-R8。
元はWindowsVistaがインストールされていたはずですが、前のオーナーがXPにダウングレード、さらにメモリを最大の3Gにしてくれていて、もともとなかなか快適なマシンです。
使用に特に差し支えのない天板の傷などでソコソコ安く手に入ったので、かなり満足度高く使ってます。

心配したバッテリーも4~5時間は持つようなので、基本性能の高さがアフターマーケットでも活きてる感じ。

で、早速自分仕様にしていこうと、自宅のデスクトップや会社のPCには一切手をかけないのに、これでもかと色々いじってみました。

Googleで「xp 軽量化」とか「xp 高速化」でヒットするあれこれの内、お手軽な感じのカスタマイズをひと通り全部やりきりました。
自分ではどういう意味かも特にわかりませんが、システム構成やレジストリをとにかく早いPCにするという目的のために手を入れました。
こういう方法を指南してくれているサイトは非常にありがたいですね。

おかげで画面は壁紙もなく、デスクトップアイコンも必要最低限、見た目もWindows2000の頃のようなクラシック表示、起動時にはWindowsロゴすら現れないという仕様になってしまいました。
cf-r8.jpg

内部的にできそうなことはだいたい終わったので、ハード面での使い勝手をよくしようとまたまたGoogle先生に「R8 ファンクションキー 入れ替え」と検索し、左下のファンクションキーとコントロールキーを入れ替えました。
より多用するコントロールキーが端にある方がやっぱり使いやすいです。

起動時のPanasonicロゴ画面表示中にF2キーを押すと、BIOS設定画面が現れるので、画面の操作方法に沿ってキーの入れ替えを選択。
再起動して内部的な設定は完了。
多少のリスクはあるけれど、実際にファンクションキーとコントロールキーをペキッと慎重にキーボードから外してパチパチと入れ替えて付け直します。
特殊な工具もいらず出来ちゃうので、お手軽なカスタムですね。
cf-r8key2_20110318173023.jpg

さて、次は何しましょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。