コネタログ - 2012年03月

コネタログ

Home > 2012年03月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.21 Wed ASAHI PENTAX SPがやってきた

さて、どうやら気づかないうちにレンズ沼にはまっていたらしいイノウエです。

初めて買ったのがたまたまPENTAXのK-xだったため、小遣い制という小資金の中、Kマウント群でマニュアルレンズとFA35、FA50など比較的値段のこなれたレンズで写真を楽しんでいるのでした。
先日勢いでDA18-135なる比較的新しいレンズを買って、やっと最新のデジイチの性能の恩恵を受けられるようになった感はありますが、色々と買ったり売ったりしているうちに気付けば単純なレンズ購入金額の合計は10万円を超えてます。

まぁ、1本10万円以上するレンズなんてザラにある「レンズ沼」なんで、可愛いもんですが、所謂一般的なコンデジやスマホのカメラで十分派な人達にとってはおかしな状況でしょう。そして2、3万円のレンズが「ちょっと安めだな」という感覚が芽生えてきているのも入ると抜けられない「沼」という表現の所以なんでしょうね。

そういや先日会社の送別会に参加して、おそらくFacebookあたりで共有するための集合写真を撮ってる人がいたけど、ソニエリのスマホを撮影者に渡す際に、しきりに「800万画素やで!800万画素!!」と得意げだったのはなんだか印象的だったな。

さて、本題。

先日義母さんから、「昔お父さんが使っていたカメラなんだけど・・・」と年季の入ったカメラバッグを見せていただいた。
IMGP8421.jpg

「使えそうなら置いとくけどダメそうなら処分しようと・・・」とのことで中を開けてみるとASAHI PENTAX SPが比較的綺麗な状態で出てきた。
SMCタクマー55mm F1.8、SMCタクマー135mm F3.5、KAKOのフラッシュ、レリーズケーブル、レンズフード、取説と当時物のカタログなどが一式揃っていたのでした。
IMGP8423.jpg

IMGP8425.jpg

IMGP8428.jpg
フラッシュなんてアクセサリーシューに付けるのが当たり前だと思っていたので、こういった手持ちか三脚使用前提なシステムに素直に驚いた。

保証書には昭和48年3月のスタンプがあったので、モデル的には比較的後期に購入されていたのかも。新品で買ったのか、中古で買ったのかなどは知る由もないんだけど。
うちの奥さんはこのカメラで撮ってもらった記憶がないと言っていたので、もしかすると80年代前半にはタンスの肥やしになっていたのかな?

SMCタクマー135mm F3.5は殆ど使用感のない状態。
IMGP8430.jpg

カメラ自体も大事に使われていたのか年代の割には「美品」と言ってもいい位の外観。
IMGP8435.jpg

IMGP8436.jpg

IMGP8434.jpg

電池蓋に水銀電池の漏洩による腐食があるけど、カバーは固着しておらず、絶縁したLR41を入れてみたらファインダー内の露出メーターは動いたので、精度は別として動作は問題なし。
IMGP8439.jpg

レンズはカビもなくブロアとウエスで拭き上げただけでこちらも問題なし。中古で高値でもついてそうなら50mm F1.4あたりに買い替えてやろうかと思ったけど、ほぼ3,000円~5,000円の売値なので、持って行ってもタダ同然で持ってかれるだけだろうな。大事に使おうっと。

そんな訳でKマウントだけで運用していた所有レンズにプラクチカスクリューマウント(M42マウント)が加わりました。

試写した1本目のフィルムはフィルム送りに失敗してうまく撮れていなかったので、また日を改めてテストします。
上手く使いこなせるでしょうか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。