レンズシステムを検討する - コネタログ

コネタログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > カメラネタ > レンズシステムを検討する

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.04 Tue レンズシステムを検討する

明けましておめでとうございます。

さて、2011年になりレンズ&カメラを欲する煩悩は、昨年の除夜の鐘と共に捨て去ったと思っていましたが、新年早々正月休みのまったりした時間を使っては、「次はどのレンズがいいかなぁ」と低予算運用のカメラ趣味の充実を図るべく、思案しまくっているイノウエです。

昨年は、今のK-xに別れを告げて、ニコンのD90に興味が湧いたり、こっそりK-rにグレードアップしてやろうかとも考えていましたが、まずは写真の上達を第一にして、悩みに悩んで納得して買ったK-xを大事に大事にしていこうと決めたのでした。

とはいえ、最近はPモードで普段は撮影し、P時の電子ダイヤルをAvに設定することで、必要に合わせて絞りを設定するなんていうお気楽な設定が気に入っているので、腕前が上達している感は全くないんですけどね。

で、今のキットレンズとFA35に追加するレンズを検討しているのですが、候補が3つあります。
本当はもっと欲しいレンズはあるんだけど、なるべくコストパフォーマンスの高いレンズに絞って、現実路線で検討です。

まず1本目は、PENTAX 標準 レンズ FA50mm F1.4 FA50F1.4(リンクはAmazon)
外での風景やポートレイトに便利な50mmで、なんと開放F値が1.4!絞ればキリッとした画にもなるそうで、評価の高いレンズです。
値段は3万円台~で、中古市場での出物もチェックしておきたい一品です。
FA35と外観が似ているので、FA35の購入がバレていない奥様に対しては、自然にこっそり増やせる1本か?
悩みどころは次のレンズにマクロ機能がある点。このレンズでは被写体間近まで寄ったりできないので、マクロが欲しい点を満たせないのがマイナス点。

続いて2本目は、シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO ペンタックス用(リンクはAmazon)
F値がFA50の倍の2.8ながらマクロ機能もついてお値段も2万円台前半で買えるベストバランスな1本。
使用者の評価も高そうで、同じ50mmならこちらの方が今のニーズを満たしてくれそう。
悩みどころは果たして今必要なのは50mm単焦点レンズなのかという点。今年は愛娘がより動きまわりそうだし、ここらでズームレンズを買っておくべきではないかという点。

で、最後3本目は、TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICAL [IF] MACRO デジタル専用 ペンタックス用 A14P(リンクはAmazon)
今日現在Amazonが最安値で、15,000円未満で買える11.1倍の高倍率ズームレンズ。発売から5年以上経ってるけど、定番の便利ズームレンズです。
先日動物園に行って、よく使う焦点距離を調べながら撮ってみたけど、50mmよりは20mm~30mm前後の広角~標準域の方がよく使うんだよね…
さらにちょっと離れた動物は全然大きく写せないし、ここらで1本で全てまかなえるこの定番レンズをGETしたほうが写真の幅が広がるかも。

と、そんなわけで、またいつ変わるか分からない「欲しい物リスト」更新。
レンズ購入前には、予算以外にも奥様の許可という越えないといけない高いハードルがあるのですが、理想のレンズシステム構築を夢見て、今日も色々思いを馳せるのでした。
  


Comments

name
comment
たか : URL

#- 2011.01.04 Tue 15:27

カメラ熱、日ごとにましてくな!
そんなにレンズやらカメラ変えなあかんの?
道具が欲しいなら違い写真で見せてね
とちひろにいわれそう。

まさお : URL

#- 2011.01.05 Wed 03:57

あんま詳しいことは分からんけど、1番目のF値1.4に一票。
でも、FA35あるならいらないかな~
ズームレンズは全然使わなかったな~、98%短焦点レンズ装着やわうちは。
でも、3万円はキツイな~

イノウエ : URL Re:

#- 2011.01.10 Mon 10:34

たかさん
もはや、写りがどう変わるとかの以前に新しいレンズを購入する承認得るのが困難です。

まさおさん
なるほど。単焦点だけでもいけますか。ズームレンズは娘が幼稚園にでも行ったら考えようかな。参考にします~。

comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。