MIGNON カスタムの記録7 - コネタログ

コネタログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 自転車ネタ > MIGNON カスタムの記録7

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.15 Wed MIGNON カスタムの記録7

GIOS ミグノン カスタム日記。
さて、なんだかんだで第7回。今回はお手軽「ハーフクリップ装着」の巻。

通勤快速号として雨の日以外は毎日往復10kmの道のりを革靴で走っているわけですが、そのためペダルは以前交換したプラスチックのフラットペダル。
ところがロードバイクのペダリングには「引き足」というものがあり、普通の自転車を漕ぐ時の下へ押し出す力以外に、反対側の足でペダルを引き上げる力を働かせてより推進力を得て効率良く漕ぐものなんだとか。

拘ればペダルをビンディングペダルという靴とペダルがセットになったようなモノに取り替えて、完全に固定してしまうんだけど、まぁなんちゃってミニベロ乗りにそこまではねぇ。

というわけで調べてみると、ビンディングペダル以外にも昔ながらのトゥクリップやペダルと靴を固定するマジックテープのようなベルトなど、様々な種類のアイテムがあるのでした。
で、今回導入したのが「ハーフクリップ」
トゥクリップほど本格的ではなく、つま先部分だけを覆って足を引き上げる際に靴とペダルを一体化させつつ、横に引けばさっとペダルから足を離せるお手軽アイテムです。

で、買ったのが「Bazooka ハーフクリップ」
DSC_0019.jpg

では早速取り付けます。

まずはペダル。
この反射板を片側ずつ外して取り付けます。
DSC_0016.jpg

ペダルを付ける際は意識してなかったけど、ペダルにも左右があるんですよ。
角に小さくRとあります。(反対側はLでした。)間違えてなくてよかった。
DSC_0017.jpg

反射板の裏はこんな感じ。最初はマイナスドライバーで押したりしてたけど、反射板の下部からテコの原理でエイっとやればすぐ取れました。
DSC_0020.jpg

実は、ハーフクリップとペダルの穴にネジ半分程度のズレがありまして、しばらく悩んだのですが、付属のアダプタの使い方もイマイチ分からなかったので、グリグリと強引に締め付けてやりました。
かなりしっかり締め付けたので多分大丈夫です。まぁ外れたり割れても影響は少ないでしょう。
DSC_0021.jpg

手を離すと重みでダラーン。ここから上手く足を入れて漕ぎ出せるかが問題です。
DSC_0023.jpg


両方取り付けて完成。あっという間。
左側はスタンドの傾き程度ですでに接地していますので、カーブなどを考えるとハーフクリップを使って漕ぐことが必須のようです。
DSC_0024.jpg

しばらくこれで練習しながら乗ってみて、乗り味悪くなったようなら取り外しますが、スイスイ巡航速度が上がることに期待です。
さて、そろそろブレーキ換装したいよ…


合わせて読みたい
MIGNON カスタムの記録1
MIGNON カスタムの記録2
MIGNON カスタムの記録3
MIGNON カスタムの記録4
MIGNON カスタムの記録5
MIGNON カスタムの記録6
MIGNON カスタムの記録7
MIGNON カスタムの記録8

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。