コネタログ

コネタログ

興味あるものを気の向くままに。

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.09 Sun MIGNON カスタムの記録8

GIOS MIGNON カスタム日記第8回。

今回は以前にヤフオクで落札していたブレーキキャリパーの装着です。
すでに以前、ブレーキシューは105仕様にして、効きについては比較的満足していましたが、やっぱりキャリパーも換装したいという実用より自己満足的な衝動カスタムになります。

では早速。

換装前のフロントブレーキ
フロントテクトロ

こちらはリア。洗車を怠っていますので汚れもひどい。
りあてくとろ

以前キャリパーの変更に伴い、ブレーキ各部の調整は分かるようになっていたので、後はブレーキ取ってワイヤー通して105付けて終わり~という予定でしたが…

ハンドル部のワイヤーは結構キツめにカーブしていて、結局バーテープ外してワイヤーの取り回しを真っ直ぐにしてやらないと通らない事態に。
この時点でバーテープ買ってなかったのでしばらくむき出しのハンドルで通勤するハメに。

というわけでバーテープ取っ払う~
ke-buru

ちなみに、このブレーキ換装前にネットで調べて分かってたポイントなんだけど、ミグノンのリアブレーキはロングアーチなので、普通の105やアルテグラをポン付けできません。
選択肢は2つで、1つはBR-R650などのロングアーチブレーキを付けること、もう1つは「オフセットシューカートリッジ」を使うこと。このカートリッジはLOROサイクルワークスさんで購入可能
ロングアーチにすると特に加工が必要ないものの、見た目SHIMANOロゴしか無いのでデザイン的にちとイマイチ。オフセットシューカートリッジはショートアーチでもロングアーチ化出来るんだけど、1セット3,150円とお値段設定高め。

どちらを選ぼうかと悩んだ結果、会社帰りにLORO大阪店もあったのでカートリッジを買い足すことに。
付けてみるとこんな感じ。
オフセット


後は新しいブレーキワイヤーを取り回して仮組み~
仮止め

何度か調整してキュッと止まるようにセッティング。ブレーキワイヤーは今回白色にしてみました。

フロント
フロント装着

リア
リア装着

数日後、バーテープを買い直しグルグルと巻き付け。3回目だけど全く上手くならん。
多分買った店で一番安い(700円位)バーテープなんだけど、感触などは不満なし。オーソドックスなコルクタイプです。予備で何本か買っとこうかな。
バーテープ装着

これでひと通り替えたかったパーツはカスタム完了。
後はフロントダブル化、STI化、BB交換位しか大きな改造は思いつかないな。ホイールまで替える気は無いし…。
取り敢えずカスタムは落ち着かせて、日々のメンテナンスをしっかりします。

合わせて読みたい
MIGNON カスタムの記録1
MIGNON カスタムの記録2
MIGNON カスタムの記録3
MIGNON カスタムの記録4
MIGNON カスタムの記録5
MIGNON カスタムの記録6
MIGNON カスタムの記録7
MIGNON カスタムの記録8

2012.09.30 Sun PENTAX LX 現在の状況

さて、WikipediaのPENTAXの歴史を読んだことに端を発したLXネタですが、自分の中である程度行き着くところまで行き着いたので一旦まとめ。

LXを使っていると、20年以上前、親父が昔使っていたオリンパスのOM-1を貸してもらい、絞りとシャッタースピードについて簡単に教えてもらいながら、自分用のフィルムを入れて好き勝手に写真を撮っていた頃を思い出すようになった。
LXは絞り優先AEなので、シャッタースピードのダイヤルをAutomaticにしておけば、ファインダーの中に見えるシャッタースピードのLEDガイドが適正値を指し示してくれて難しさはあまりない。
基本機械任せでOKなんだけど、当時教えてもらったf5.6にしてシャッタースピードは1/250くらいで。。。なんて指標を一つの基準にしながら写真をゆっくり撮ることができるのは、LXに興味持ったおかげだな。
そんなことで我が家にある義父が使っていたSPももっと使ってあげないとな~と感じてみたり。

フィルムを現像した時の分かりやすいフィルム感というか粒状感を懐かしみつつ、この時代に当時のフラッグシップ機持ってパシャパシャしているのが趣味としての自己満足を心地よく満たしてくれる。この趣味には写真を撮る以外にも、カメラ自体の性能を上げたり、レンズに拘ったり、被写体求めて旅に出たりといろんな方面への拡大性があって、金かけて極めるもよし、時間と手間をかけるもよし、身の丈にあった楽しみ方が出来るのがいいとこかも。

で、LXについては、あまり大きな投資は出来ないものの、見る人見たら「おっ」ていうくらいにはしようとアレコレしてみました。

さて、LX絡みの購入物一覧
・本体 後期型中古。まぁ自分の中では美品。
・グリップB 吊り環金具付きのグリップは未だ探しています。
・FA-1ファインダー 本体とセット。視力的にFA-1W欲しいところだけど許容範囲。
・FA-2ファインダー その人気に感化されて買いたい衝動のまま探し求めて入手。eBayにて。
・フォーカシングスクリーン「SE-60」 全面マットのファインダー像は感動的。ヤフオクで新品購入。
・ファスナーLX これがないとストラップ通せないんだもん。新品購入。
・アイカップFG 意外に高い一品。新品購入。
・ホットシューカバーFK FA-1用に現行品を新品購入。
・シンクロターミナルキャップME FP接点カバー用に。現行品52円。
・シンクロターミナルキャップ4P X接点カバー用に。当時物はないので67Ⅱ用を代用。

安いのから高いのまで色々あります。
買わずに流用してるのはストラップだけだ。。
これに先日のシャッタースピード調整のオーバーホール費用、FA-1の絞り値確認窓の修理費用、FA50がイマイチ合わないので予定してなかったけど買ったM50 f1.4レンズなど、関連費用合わせると二桁万円突入だな…。
もはやデジタル一眼レフカメラよりも金と時間をかけてしまっているPENTAX LX。
長い付き合いできるように大事に使おう。
LXへの投資はしばらく控えて、フィルムと現像にお金かけていっぱい写真撮ろうと思います。

PENTAX LX 関連記事
PENTAX LX 購入記その1
PENTAX LX 購入記その2
LX入院
PENTAX LX 現在の状況
PENTAX LX ちょっと追加

DSC_0073.jpg

DSC_0072.jpg


2012.09.21 Fri 鞍馬寺~貴船神社散策 8

鞍馬街道を進んでいくと、「木の根道」という硬い地盤のために木の根っこが地中に伸びず、地表を張り巡らせたような道が現れます。
観光ガイドに注意のある通り、木の根を痛めないよう、踏まないようにしながら歩いていきます。


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO250 f4.5 SS1/50 EV-1
IMGP0718_R_R.jpg


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO500 f4.5 SS1/80 EV-0.7
IMGP0711 (2)_R_R


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO400 f5.6 SS1/80 EV-1
IMGP0741_R_R.jpg


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO1600 f5.6 SS1/125 EV-0.7
IMGP0714 (2)_R_R


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO640 f5.6 SS1/80 EV-1
IMGP0745 (2)_R_R


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO640 f5.6 SS1/80 EV-1
IMGP0744 (2)_R_R

2012.09.12 Wed 鞍馬寺~貴船神社散策 7

更に散策は続きます。

K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO100 f7.1 SS1/40 EV-1
露光間ズーム撮影。天狗や遮那王の居てそうな雰囲気をイメージしながら。
IMGP0706 (2)_R_R


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO800 f5.6 SS1/30 EV-1
IMGP0720_R_R.jpg



K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO3200 f5.6 SS1/80 EV-1
IMGP0738_R_R.jpg


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO500 f4.5 SS1/100 EV-1
IMGP0734 (2)_R_R


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO1250 f4.5 SS1/100 EV-1
IMGP0732 (2)_R_R

2012.09.11 Tue 鞍馬寺~貴船神社散策 6

K-r+FA35mmF2 AL
ISO100 f2.8 SS1/250 EV-0.7
IMGP0651 (2)_R_R


K-r+FA35mmF2 AL
ISO400 f5.6 SS1/80 EV±0
阿形の虎
IMGP0662 (2)_R_R


K-r+FA35mmF2 AL
ISO160 f5.6 SS1/80 EV±0
吽形の虎
IMGP0670 (2)_R_R


K-r+DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
ISO100 f5.6 SS1/250 EV±0
本殿。手前の六角形がパワースポット!
IMGP0675 (2)_R_R
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。